お客様より質問されました。

皆様こんにちわ。

今年に入りまして初ブログです、ご挨拶遅れましたが・・・

今年もよろしくお願い致します今年も皆様の大切なおうち造りのお手伝いをさせて下さいませ。

 

では早速ですが・・・本日もモデルハウスの待機をしておりました。

最近!?特にお客様よりお尋ねくださる、『家の単位』といわれます、

京間・関東間・本間とか・・・・尺(910)モジュール・メーターモジュール・・・について

お話し致します。

こちらをご覧くだい

お客様より質問されました。左側がメーターモジュールです。(昔の呼び名でいいますと、本間サイズ)

右側が910モジュール(昔の呼び名でいいますと、京間サイズ)

参照図の様に4.5帖の和室を比較してみましたが、同じ4.5帖でも広さが違います

なぜ?こんな事になるのか?と申しますと・・・冒頭で申し上げました

『家の単位』⇒柱と柱の間隔が、それぞれ違います。

メーターモジュールは柱と柱の間隔は、1mです。

910モジュールでは、柱と柱の間隔が91cmとなるからです。

もっと噛み砕きますと・・・畳1枚当りの大きさも違います。

メーターモジュールの畳1枚の大きさが、1m×2mとなります。

910モジュールの畳は、91cm×1m82cmが畳1枚当りの大きさです。

 

それぞれに布団を敷いてみました布団が3枚敷けるのは・・・

メーターモジュールの方です

 

畳の大きさだけではなく・・・当然!玄関や通路、階段に収納、お風呂場や洗面所、

もちろんそれぞれのお部屋の大きさも変わります。

 

突然ですが!問題です

910モジュールで33坪の家を計画したとします。間取りは、そのままで『家の単位』を

910モジュール ⇒ メーターモジュールに変更したら・・・何坪になると思いますか?

正解は39.6坪になります。同じ間取でも、柱と柱の間隔が・・・たったの9cm変わるだけで

6.6坪も大きくなってきます。

 

910モジュールにもメリットはございます

メーターモジュールに比べて、部屋数を多く取れます。先程の33坪⇒39.5坪・・・

逆をいいますと・・・910モジュールの39.5坪の建物は、部屋数がとっとも沢山配置出来ます。

また、敷地の条件に合わせやすのは910モジュールです。

 

それぞれ、良し・悪し?・・・ございますが、お客様のご要望にそったご提案を致します。

 

なんなりと・・・お申し付けくださいませ。