構造体


構造体 仕様
・基礎
・架網体(柱・梁)
・防腐処理(80㎡)

自分でできるお手入れ・点検・注意点

①構造体の点検や修繕は非常に難しいため定期的な専門家の点検が必要です。
柱や梁、床下などの基礎部分の異常、錆汁をみつけたら早めに住宅メーカーに相談してください。
特に地震や台風の後、大きなひび割れがありましたら、住宅メーカーにすぐに連絡しましょう。

②床下に湿気がこもらないようにするためにも換気システムが、正常に運転できるようにすることが重要です。
屋外給・排気口のまわりには、物を置かないでください。
フィルターお掃除ランプが点灯しましたら、速やかにフィルターを交換しましょう。


構造体 一般的な住宅メーカーとロイヤルホーム比較