家族と地球の未来のためにゼロエネルギー住宅

「ゼロエネルギー住宅(ZEH)」とは、家庭で使うガスや電気を太陽光発電などで創られたエネルギーで賄える住宅のこと。
この太陽光発電は、時代を担う「創エネルギー」のシステム。
ゼロエネルギー住宅を実現するためには、断熱材などの「住まいの工夫」と、省エネ機器の導入などの「設備の工夫」が必要です。
ロイヤルホームでは未来をみつめ、ゼロエネルギーを実現する家づくりをすすめています。

※ロイヤルホームは、ZEHビルダー登録されております。

太陽光発電の仕組みとメリット

太陽光発電の仕組みとメリット

太陽光発電は太陽電池を利用して、太陽のエネルギーを家庭でできる電気に変換します。
太陽の光は無限のエネルギーなので、太陽光発電は世界中で期待されている発電システムです。
地球温暖化の原因とされるCO2の排出が少なく、家庭で余った電力は売電できます。
しかも、停電の際に自立運転機能があるので電気を使えます。

ロイヤルホーム ZEH今後の普及目標


2030年にかけて、エネルギー政策が段階的に進められていきます。

これから2030年にかけて政府によるエネルギー政策が段階的に実施されます。

例えば、電力システムの改革、スマートメーター・HEMSの普及、そしてすべての新築住宅の

「2013年改正省エネ基準」の義務化に向けた環境づくりがおこなわれます。

 

2020年までに「2013年改正省エネ基準」レベルが一般住宅に義務化される予定です。

日本政府では、2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を

標準的な新築住宅とすること目標に掲げています。

2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。としています。


ロイヤルホームの取り組み

ZEH受託率実績

zeh_jyutakuritsu
 
ZEHの周知・普及に向けて 

ゼロ・エネルギー・ハウスのモデルハウスを建設し、見学会での説明や折込チラシなどで

告知を行ってまいります。

ZEH事業計画 今後の普及率目標(年度毎)
zeh_jigyokeikaku