もうすぐ4月ですね

おはようございます!

寒いのは今日の朝までとゆう噂を

ちらほら聞きますが・・・

そろそろコタツを直そうと思います←遅い

ちなみにですが、

コタツを直す、とか

布団を直す、とか

鹿児島弁だとご存じですか?

正しくは、コタツを片付けるだそうです。

いわれてみれば、あぁ~!となりますが

標準語だと思って鹿児島弁を話している鹿児島人。

言われなければ分かりませんね。笑

東京とかで布団を直すとゆうと

布団壊れてないよ?となるそうです。なるほどナットク。

 

 

さて、さて。

お花見の季節ですね

皆様計画は立てられてますでしょうか?

ロイヤルホームは7日にしようか~!となっていますが

もう桜散ってるんじゃ・・・?ともなっております。笑

まぁ。桜の花びらが散ってる中の

お花見もなかなかいいんじゃないでしょうか?

 

日本人にとって、桜はただの花ではない特別な花です。

「お花見」とは、どんな花でもいいというわけではなく、桜でなくては意味がありません。

お花見はいつ、どのような理由で始まったのでしょうか。調べてみました~

 

●日本人の桜好き、古代日本の神が起源?

日本人はなぜ桜を愛するのでしょうか。その歴史は古代神話以前にまでさかのぼります。八百万の神の中に、山や田の神「サ」神が存在しました。「クラ」とは神が鎮まる座を意味しサ神がその根源に鎮座したとされる木を「サクラ」と呼ぶようになったということです。サ神を信仰する古代の農民は桜の木に供え物をし、豊作を祈り、宴を行いました。この行為は遺伝子として連綿と受け継がれ、日本人が無条件で桜を好む理由の1つになったのではいかと考えられています。

 

●呪術的行事から貴族の優雅な行事に

古代では呪術的要素が強い桜の木の下での宴が、奈良時代には花を楽しむための行事と変化しました。「万葉集」には桜を詠んだ歌が残されており、当時の貴族が桜を好んでいたことがわかります。平安時代になると桜の人気はさらに高まりました。「古今和歌集」の春の歌はほとんどが桜を歌っていており、「源氏物語」でも宮中での華やかな宴の様子が記されております。花といえば桜、というイメージが定着したのもこの頃と考えられています。

 

●武士も花見!あらゆる階層に広まった鎌倉時代

鎌倉時代に入ると、貴族の楽しみであった桜の下の宴はあらゆる階層に広まり、武士や町人の間でも行われるようになりました。京都の寺社や山々に山桜が植えられたのもこの時代といわれています。

 

●ソメイヨシノが誕生、明治以降全国に広まる

江戸時代、お花見は庶民の娯楽として定着し始めます。江戸後期には染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が、エドヒガンとオオシマサクラの交配種「吉野桜」を作りました。後に、奈良・吉野山の山桜との混同を避けるため、「ソメイヨシノ」と呼ばれるようになりました。ソメイヨシノは、今では日本人のアイデンティティといってもよいほどの存在となっています。一斉に花を咲かせ、あっという間に散りゆく姿を惜しむように、日本人は今年も桜の木の下で宴をするのです。

 

 

花見ってほんと~に昔からなんですね!

みんなでワイワイ楽しいですもんね♪

計画がまだな方も、計画中の方も花見楽しんで下さいね(・∀・)♡