冬よ来い♪ 早くこーい!!

あつーい。゚(ノД`)゚。   

先日8月7日立秋をむかえました。

暦の上では季節は秋です(*´∀`*)

この日から、立冬の前日までが暦の上での秋となるんですよ♪

もう、暑中お見舞いではなく、残暑おみまいと書かなくてはいけません(#・∀・)お間違いなく。

暦上では立秋から秋なのですが、この立秋こそが暑さの頂点なので、よく立秋の日に『秋に入ったのに、暑いね~』とか言ってしまいがちですが、正確にはこれは誤りとされます。

立秋の翌日からが暑さが緩むとされているんですよ。(ゆるんだかな(;^o^)!?)

ちなみに、気象庁ではいわゆる「梅雨入り宣言」「梅雨明け宣言」をしますが、長梅雨で立秋までに明けない場合「梅雨明け宣言」はされません。(なぜかは知りませんが(;^o^))

よく、暑い夏の後には寒い冬訪れるというので早速調べてみました。( ゚∀゚)ノ

それで、私には喜ばしいこんなのを見つけたので、早速ご紹介します。

冬季にバレンツ海(北極海)の海氷が少ないと、日本の冬が寒くなるとの、研究をしている方はいまして、その方いわく「バレンツ海の海氷は、低気圧の発生・発達にも関連しており、海氷が少ないと、低気圧のコースが北にかたより、逆に、日本付近には、寒気が降りやすくなる」のだそうです。

北極海は扉のあいた冷蔵庫のようなもので、冷蔵庫の扉が開いていると、中の氷は溶けても冷えた空気が流れ出すので逆に、日本付近は寒くなるのは十分に考えられる事とのこと♪

なんて嬉しいお言葉ヾ(*´∀`*)ノ

で、今年三月の海水温は昨年並みに高かったので、この分でいくと今年の冬(2013~14年)も、バレンツ海の海氷が少なくなり、その結果、日本の冬が寒くなる可能性が出てきたことです。

まだまだうだるような暑さが続き、ジージー、ミンミンと鳴き続けるセミに殺虫剤をぶちまけてやりたくなる私ですが、彼らも必死で生きているのだし、今から寒い冬を夢想しては、そんな衝動を必死でこらえている今日この頃です。

皆様も、夏バテ、熱中症などなどお気をつけてこの残暑を乗り切ってくださいね┐(´д`)┌