台風ヾ(*´∀`*)ノ

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

なかなか秋らしい秋がやってこずに、ということは、冬もまだやってこないということで、意気消沈している毎日を送っております。

しかーし!!

最近になって台風がやたらと発生するようになってきました。

被害にあった人たちには申し訳ないですけど・・・・・わたくし、台風、意外と好きなんです

子供の頃は、大抵夜の間に台風がやってきて、ゴーゴーと吹き荒れ、雨戸を閉め切った家の中で、明日の学校が休みになるのを期待しながら寝たものでしたが、翌朝雨戸を開けると大抵の場合、カラッと澄み切った空が広がっていました

今となっては停電になったりするのは、厄介ですけれど、子供の頃はそれもまた楽しくて♪

ろうそくを灯して食事をしたり、お風呂に入ったりとなんだかいつもの我が家なのですが、どこぞに探検にでもいっているような気分でワクワク♪したのを覚えております。ヾ(*´∀`*)ノ

今また台風25号(ナーリー)と26号(ウィパー)が発生しております。

25号はこちらにはまったく被害の心配はなさそうですが、26号は少々心配な進行方向ですね あ、つい興奮してしまいました(;^ω^)

ところで、台風の名前って決まっていて、ずーっと順番で繰り返されてるって知ってましたか?

ナーリーは、韓国命名・百合の意。 ウィパーはタイ命名・女性の名前なんです。

次に27号が発生したら、フランシスコ(アメリカ命名・男性の名前)

28号はベトナム命名・レキマー(果物の名前)となるんですよ。

特に規格外の大きなものや、甚大な被害を及ぼした台風とかが発生した場合に限り、新しい名前がつけられるんです。

ちなみに、日本が命名したものには、てんびん座、ウサギ座、かじき座、かんむり座と、星座の名前がつけられています。

台風、ハリケーン、サイクロン、同じような現象で違う名前がついていますけれど、これらは熱帯低気圧をもつある意味同じ気象現象なんです。

大西洋北部、太平洋北東部、太平洋北中部、つまりアジア付近以外の太平洋で発生したものをハリケーン(スペイン語で暴風の神が語源)。インド洋北部、インド洋南部、太平洋南部、オーストラリア付近で発生したものをサイクロン。北西太平洋や南シナ海で発生した最大風速が34ノット(17.2m/s)以上のモノをさします。
こんな感じで発生した場所によって呼び名が違うんですよ(その他細かいこともありますけれど・・・)

ちなみに、世界一般的に、日本で台風と呼ぶものやハリケーンはサイクロンに内包されます。サイクロンとは低気圧全般をさす一般的な俗称だからです。

ほかにも、熱帯低気圧と、竜巻も力学的には似たようなもので、その違いは規模。熱帯低気圧が100km程度だとすれば台風が100mといった具合。

まー、何はともあれ台風が過ぎるごとに、早く秋らしくなることを期待しつつ、今度の台風に備えてお菓子を買い込み、DVDをレンタルしておこうとメモっている私です(*´ω`*)

・・・・停電になったら意味ないけど・・・