木造住宅はCO2を排出する?

林野庁のデータですが、二酸化炭素排出量は、鉄筋コンクリート住宅の約半分だそうです。

また、製造・加工する際の炭素放出量も鋼材に対して人口乾燥製材は、50分の1程度だそうです。

そして、木造住宅は長年にわたり炭素を排出せず貯蔵しておくことができるため、「第二の森林」とも呼ばれているとの事。

結果的に、製造や建設中の排出量も少ないので、木造住宅は地球温暖化防止に貢献

できることを再認識しました。