知ってました!? クリスマスってお休みだったこと!?

2013年も残り数えるほどとなってまいりました。

やっと、冬らしく寒さもなかなか『ヽ(゚∀゚)ノいい感じ~』になってきて、毎日冷たい空気を満喫しております。

わが社もクリスマス気分を盛り上げようと、イルミネーションなるものを装飾してみましたが、皆様お気づきでしょうか?

お気づきでない方、がんばっているのでぜひ一度足を止めてご覧になってみてください♪

というところで、本日は「日本でのクリスマス」について少々。

日本で初めてクリスマスを祝ったのは、1552年周防国山口(現在の山口県山口市)宣教師達が日本人信徒を招いて降誕祭のミサを行ったのものとされているそうです。 意外にも長崎や、天草ではなかったんですね~。

今から、461年も前のお話ですヽ( ゚д゚ )ノ

それから、キリスト教が禁止されたり徹底的に弾圧されたり等々で、結局このときに始まったクリスマスは定着しなかったのですが、時代は流れて、明治33年頃に明治屋が銀座にオープンしてクリスマス商戦が始まり、だんだんと浸透していったとされています。

そして過去には、なんと、すばらしいかな!!クリスマスはお休みだったんですヽ(゚∀゚)ノ!!

大正15年12月25日に大正天皇が崩御したことで、12月25日は「大正天皇祭」と制定されて、休日だったんですよ(*´∀`*)

そこでクリスマスが年中行事とされていったとなっております。

残念ながら、1948年にはいって、「国民の祝日に関する法律」が改正されてしまい、12月25日は休日から外されてしまいました・・・。そのままだったら、今頃は、23日が天皇誕生日、25日が大正天皇祭、そして挟まれた間の日24日が国民の休日♪ と、なんとすばらしいクリスマスDAYを毎年送ることができたのに・・・(*゚∀゚*) 

ま、かえってそれがつらい連休になることもあるか・・・。(;^o^)

何はともあれまもなくクリスマスヾ(*´∀`*)ノ

皆様が楽しいひと時を過ごせますように・・・。