暮らしやすさに拘った2020年のZEHを先取りした家

image_1024px_724px_03_1

随所に設けた収納スペースは一般住宅の約3倍にも

今人気の中山地区に建つパナソニックの家。広々とした庭にシンプルモダンな外観。家の中には爽やかな空気が漂い、温かい家族の日々が見えるよう。

その空気感を支えているのが、テクノストラクチャー工法やZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)など、機能性を重視した家造り。家族が長く、安全で快適に暮らせる配慮が施されています。

テクノストラクチャーは、木造に鉄製の梁を加えたパナソニック独自の工法。耐震力など強度に優れている上、柱の数を抑えて広々とした空間が生まれているのもうれしいところ。

快適に暮らすには、お手入れがラクなところもポイント。白木風の床材や建具は、傷に強くワックスも不要。アレルギーを抑制する効果もあります。また、畳には水拭き可能で表替えの必要のない和紙畳を使用するなど、子どもが家を傷つけるのにヒヤヒヤすることも、掃除に時間をかける必要もありません。

スペースの有効利用の特長のひとつ。扉を折り戸や引き戸、三枚襖にすることで、無駄なスペースを極力廃しているのです。それでいて、各部屋には全てたっぷりとした収納スペースを確保。一般住宅の約3倍にもなるとは驚きです。
image_1024px_724px_03_2

ロイヤルホームでは、中山だけでなく、吉野や川上など各地に土地を所有しており、土地探しの相談も承りす。
image_1024px_724px_03_3

【①LDK】 キッチンに立つと、ダイニング・和室・洗面など、全てのスペースが見渡せる間取り。柱のない工法で、実際以上の広さを感じさせる。また、LDKのすっきり感には、玄関収納などの収納庫が一役。澄家Eco換気システムで快適な空気を循環、雰囲気を変えられる調光機能も魅力だ。
image_1024px_460px_03_4

【②寝室】 寝室はダークな色目でまとめ、落ち着きを感じる空間。ウォークインクローゼットはたっぷりの容量。

【③ダイニング】 ダイニングテーブルの横に設けられた、使い勝手のよいカウンター。アクセントカラーが食卓をより楽しくしてくれる。
image_1024px_44px_k5

機能性に優れたテクノストラクチャー工法で構築

キッチンを基点に各部屋が繋がるよう配置。1階を家族で過ごすスペース、2階をプライベートスペースとして自由設計。安全&エコな長期優良住宅とするよう、木造+鉄骨のテクノストラクチャー工法で建築しました。同じ工法ですが、多彩な規格の中から間取りやテイストをセレクトして家づくりを進める「フォルカーサ」も。こちらは、ややお手頃な価格帯です。
image_1024px_66px_03_6
image_1024px_66px_03_7