省エネ効果だけではなく、健康にも関係がある家の断熱

断熱性が高い住宅といえば、省エネで冷暖房費の負担が軽くなるという点だけが注目されがちです。
実は断熱は省エネ効果があるだけではなく、健康に暮らすための家づくりには欠かせない住まいの工夫です。
冬場に温かい部屋から寒い風呂場の脱衣所に行った際に、急激な温度変化により心臓発作を引き起こすことがあります。
これが「ヒートショック」です。
また、低い温度の室内で過ごすことが長く続くと「緩慢なヒートショック状態」となり、徐々に体力が奪われ健康に悪影響を及ぼします。
ですから断熱効果の高い家づくりは家族の健康を守るためにも、とても大切なのです。


ロイヤルホームは家族も地球も守る断熱材「アクアフォーム」を採用

地球も守る断熱材「アクアフォーム」を採用
断熱材のウレタンフォームは、通常は地球の温暖化の原因にあげられるフロンガスを発砲させて作られます。一方、ロイヤルホームが採用する「アクアフォーム」は、イソシアートと水を含むポリオールを混合し発生する炭酸ガスを発泡剤として利用。
フロンガスを全く使用しません。「アクアフォーム」は快適な室内環境をつくると共に地球の環境も守る優れた断熱材です。
 

現場で隙間なく吹き付け、他にはない自己接着力で高気密に

高い気密性を発揮するアクアフォーム
従来の断熱工事は、現場の施工部分に合わせて断熱材をカットし貼る方法のため、どうしても細かい部分に隙間ができました。
「アクアフォーム」は現場で発砲させ、吹き付ける断熱工事です。
現場で施工するため隅々まで隙間なく充填できます。
しかも他の断熱材にはない自己接着力もあるので、高い気密性
を発揮します。
 

湿気を通しにくい、高い気密性でカビの発生を防止

湿気を通しにくい、高い気密性でカビの発生を防止
一般的な断熱材は吸水性質があるため、喘息やアトピーなど、アレルギー発症の原因のひとつであるカビが発生しやすくなります。
また壁の中に隙間があると結露がたまり、カビの発生だけではなく、構造材の腐朽や白アリがつきやすくなります。「アクアフォーム」は、住宅の躯体に直接吹き付けるので気密性が高いだけではなく、壁の中に隙間ができないので壁内結露が発生せず、
安心です。