ロイヤルホームは24時間機械換気システム「澄家Eco」を採用

家族の健康を考えるなら、室内の空気のコントロールはとても大切。
ロイヤルホームは、赤ちゃんから年配の方までが、快適に暮らせる室内の空気を考え「澄家Eco」を標準装備。
24時間いつでもキレイな空気が室内を循環します。


熱交換型換気システム「澄家Eco」で空気はいつもキレイ

シックハウス症候群の原因といわれるホルムアルデヒドの室内濃度規制するために、新築住宅には換気システムの設置が建築基準法で義務づけられています。
換気システムの中でも第3種換気システムは、自然給気と機械換気で行われます。
これは風呂やトイレの換気扇などから機械で排気し、自然の力で給気口から外気を取り入れます。
外の空気を取り込む際に室内の温度に影響を及ぼし、また性能の高いフィルターを使用すると換気の効率が落ちます。
これに対し第1種換気システムは、機械排気・機械給気なので計画的な換気が可能。
ロイヤルホームは第1種換気システムの「澄家Eco」を採用しています。
「澄家Eco」は熱交換型で、換気の際に捨てられてしまう室内の暖かさ、涼しさを熱交換機に通し再利用(熱回収)します。
さらに「澄家Eco」は1階の床下に設置されるので、床下に常に空気が吹き込まれます。
これにより床下が乾燥する環境になり、白アリの発生が防げます。
しかも地中熱を利用して快適な空気に換え、室内へ給気するので冷暖房費の節約になります。

澄家Ecoのしくみ


キレイな空気で健康を守る
ノンアレルゲンフィルターΣ50がPM2.5や微小粒子までをキャッチ

花粉除去率99.8%のフィルターに、微小粒子を除去できる電石フィルターを積層し高性能なフィルターに。
PM2.5を除去できるようになりました。さらに、0.3~2.5マイクロメーターサイズの微小子までもキャッチします。
この高性能フィルターを屋外給気口に搭載し、キレイな空気だけが床下に取り込まれます。


気になるアレルゲン物質はプラズマフレッシュが分解

給気口から床下に取り込まれたキレイな空気を、さらにキレイにするプラズマフレッシュは、室内の給気口に搭載されています。
プラズマフレッシュは空気中の水分からOHラジカルをつくり、アレルゲン物質やウイルス、及び臭気成分を分解します。


床上30cmにただよう粒子状浮遊物質を床面排気口ですばやく排気
赤ちゃん
アレルギー症の原因といわれる粒子状浮遊物は、実は床上30cmに沢山ただよっています。ハイハイする赤ちゃんや睡眠時の体制のときに最も汚れた空気の中で過ごしていることになります。
けれども「澄家Eco」のシステム本体は床下に設置されます。
床上30㎝に最も多くただよう粒子状浮遊物は、床下の排気口から排気される合理的な設計です。
 
排気される空気までキレイ

室内排気グリルから吸い込まれたホコリは、床下排気ダクトに装備されたアレルキャッチャー付フィルターを通ります。
このアレルキャッチャー付フィルターを通るときにアレルゲンを分解し、キレイな空気にしてから室外へ排出されます。
環境に優しい換気システムです。


メンテナンスも簡単!

換気システムは定期的な掃除やフィルターの交換が必要です。
「澄家ECO」はフィルターのお掃除のタイミングを室内の表示ランプでお知らせ。
また、屋外給・排気口も室内給・排気口も手の届く箇所にあるので、簡単にフィルターの交換や掃除ができます。