間取りや将来を考えた家づくり

住み継がれる、暮らし継がれる、 そして語り継がれる家へ

家族とのかけがえのない時間を過ごす家は、安心して快適に、そして長く暮らせることが大切です。
けれども家族構成やライフスタイルは変化し続けます。
変化し続けても、家族がいつでも集える家づくりのポイントについてお話します。


地震に強い家づくりの基準は耐震等級3。

地震に強い家づくりの基準は耐震等級3。

たくさんのプレートが複雑に入り組む環太平洋地震帯に位置にする日本列島は、地震は避けられません。
家づくりの際には耐震等級が「3」であることが重要。耐震等級は1~3まであります。
耐震等級1は建築基準法で耐震基準を満たす最低ラインです。
これは震度6強の地震がきたときに、「損傷を受ける可能性はあるがつぶれない」というレベルです。
けれども家の倒壊を免れたとしても、傾いてしまえば住むことができないばかりか、
ローンだけが残り安定した暮らしもできない状況に陥る可能性もあります。
また地震保険に加入していても、最大でも建物価値の半分までしか保障されません。
耐震等級2は、等級1の1.25倍、等級3は1.5倍の地震に耐えられる強さです。
耐震等級3の設計は、長く安心して暮らすために必要な強さの指針なのです。


省エネ住宅は健康にも関わるもの

省エネ住宅
2020年に国の制度として、戸建て住宅にも新たな省エネ基準が義務化される予定です。義務化以降の新築住宅には「断熱性」と「設備を含めたエネルギー消費量」につ いての基準をクリアするよう求められます。これからますます省エネを考えた家づく りが重要です。

省エネ住宅は家電の利用と太陽光発電による創エネなど「設備の工夫」 と、断熱性や通風・彩光を考えた間取りなど「住まいの工夫」の相乗効果によってできるものです。
特に「断熱性」は、住む人の健康に影響を与えるというデータがあり ます。

たとえば冬の夜中に温かい布団から冷えたトイレに行くときの急激な温度差が 「ヒートショック」となり、心臓発作を起こす引き金になることが懸念されています。
また急激な温度差だけではなく、長く室温が低い環境は「緩慢なヒートショック状態」 といわれ、これは体力を奪い健康を損なう原因です。
省エネを考えた住まいづくりは、健康面にも大きく関係があります。


ライフスタイルに寄り添い、将来は資産になる価値ある家。

家は真上からの重さは柱で支えますが、横からくる力(地震時の横揺れ・台風の横からの強風など)を支えるのは耐力壁です。
この耐力壁を子供部屋に設置しなければ、子供が小さいうちは、壁を設置せず広いキッズスペースとして使用し、子供が成長したらフリーウォールで間仕切りすれば個室になります。
壁を設置しなくても強度が保てるかは、家づくりをする際に構造計算をすればわ かります。10年後、20年後、さらにその先の家族の変化に柔軟に対応できる家づくりが安心してできます。


世代を超えて住み継がれる家に

世代を超えて住み継がれる家
家の寿命は米国では66年、英国では80年といわれ、親世帯が購入した家を子世帯に譲ることもめずらしくありません。
譲られた子世帯は、住居費の負担が少なく、ゆと りのある生活ができます。

一方、日本の家の寿命は27年。けれども基礎や構造にこだわった強固な家ならば子供に譲れます。
長期にわたり住める家は、家を取り壊す際の廃棄物も減り、地球環境への負担が少なくなります。
 

「かせるストック」の認定で貸せる家に

かせるストック
転勤などで、一時的に家を空けることになった場合に、家を貸して家賃収入を得ることが可能になる「かせるストック」。これは最低賃料の保障や終身貸上げなどの安心サポートが受けられる制度です。
「かせるストック」は新しく家を建てる際に、一般社団法人移住・住みかえ支援機構(JTI)の「かせるストック」の認定を受けなければなりません。認定の条件は、長期優良住宅であることなど一定の基準を満たす必要があります。
「かせるストック」の認定を受けられる性能の良い家は、「住まない期間 は貸す」という選択肢が増えます。
 

さまざまな優遇措置が受けられる「長期優良住宅」

長期優良住宅のメリット
「長期優良住宅」は長く快適に住み続けることができるために、国が定めた基準をクリアしていると認定された住宅です。
長期優良住宅に認定されると、住宅ローンの減税が拡充されます。

ほかにも所得税の特別控除・登録免許税の軽減・不動産取得税の 控除・固定資産税の軽減・地震保険料の優遇など、メリットがた くさんあります。
 

住まいの履歴書について

長期優良住宅には、「住まいの履歴書」の作成と保存が義務づけられています。
住まいの履歴書とは住宅の設計・施工・維持管理・権利・資産などの情報と、メンテナンスや設備点検、リフォームをいつ、誰が行ったかを記録したものです。
世代を超えて長く住み継がれる家づくりには、メンテナンスなど維持管理もきっちりと行われることが重要です。