土地選び・家づくりの スケジュール

家づくりは、人生において大きな事業です。
 「何から手をつければ良いか分からない」とお悩みの方に、家づくりのながれをご説明します。

さあ、スタート!

まずは「どんな家に住みたいか」、将来の家族構成も考えながらイメージしましょう。
現在、住んでいる住居で、不便に感じている点を書き出しておくと家づくりに活かせます。

矢印

展示場見学

展示場見学
モデルハウスの展示場や見学会に足を運びましょう。
アドバイザーと直接話ができる良い機会です。
 
自分たちの意見や想いをたくさん話してみましょう。
信頼できるアドバイザーかを見極めることがポイントです。
 
矢印

予算計画

予算計画 電卓
家づくりをする際に最も大切な予算計画。
土地の代金・建物の代金以外に「登記費用」や「仲介手数料」などの諸費用が必要です。これらの費用も含めた総予算から、月々の返済金額をアドバイザーに出してもらいます。

また引越し費用と新しい家で使う家具の購入費用も考えて予算計画が できれば、より安心です。
予算オーバーしないためのポイント

矢印


土地からお探しの方へ


 必要な「土地の広さ」を知る

暮らしたい間取り、庭、駐車場の広さから、必要な土地の広さが割り出されます。



矢印


建築エリアを選びます

希望するエリアについて家族でよく話し合いましょう。
   沿線・最寄の駅・駅からのアクセス(徒歩かバス利用か)、

学区、ショッピングできる施設や病院までの距離などを検討します。



矢印


実際の土地を見に行きます

インターネットや、チラシの情報だけではわからないことがたくさんあります。
   まわりの環境、景色などを実際の土地まで出向き観察しましょう。
   この土地で暮らせば、どんな暮らしができるのかもイメージしてみましょう。



矢印


候補地ピックアップ

  

候補を3つくらいにしぼります。



土地選びのポイント


矢印



敷地調査

その土地にどのような規制があるのかを調べ、届け出が必要な土地なのかを調べます。
土地によって、建てられる住宅の大きさは変わります。

矢印

間取り設計

間取り設計
土地に合う広さ、希望の間取りなど、きめ細かく打ち合わせをし、設計をします。
 
矢印

資金計画の提案
資金計画
正式な見積もりが提出されます。
公的な融資や銀行ローン、自己資金から返済計画が提案されますので、無理なく返済ができるか検討しましょう。

また、家を購入する際には保険が必要になりますので、保険を見直すことも大切。
ファイナンシャルプランナーに相談すると無駄な保険料の出費がないかなどをチェックしてもらえます。
 
矢印

土地契約・建物工事契約

手付金(内金)を支払います。
土地購入の手付金(内金)は土地によって金額はさまざま。
不要な場合もありますし、購入価格の1割が必要な場合もあります。
建物工事契約の手付金は100万円前後が目安です。

現金が必要なPOINT①

矢印

家づくりがスタート!

ここからが本番!夢をカタチにする作業が始まります。漠然としたイメージを具体的にする作業を家族で楽しみましょう。

矢印

設備仕様の詳細を打ち合わせ

打合わせ
所得証明・住民票・印鑑証明を取得し住宅ローンの準備をします。
不明な点はアドバイザーに相談します。

キッチン・トイレ・洗面所・お風呂などの仕様、電気スイッチ・コンセントの位置や個数、テレビアンテナの設置箇所、床・壁紙の色など細かな部分を決めます。

コーディネイターのアドバイスが受けるとことも良いですね。
他にオーダー家具が必要な場合はこの時に寸法を出します。
 
矢印

最終建築仕様確認

これまでに提案したお見積りと仕様の最終確認になります。不明な点はアドバイザーやコーディネイターに相談しましょう。
最終確認となりますので、これ以降の変更は困難になります。
納得できるまで何度も打ちあわせを行い、最終決定しましょう。
また、最終的な予算を決定し、資金計画についても打ちあわせをします。

矢印

建築申請作業

役所に建築申請書を提出し許可がおりたら、いよいよ工事着工です。
建築申請書は、正本・副本の2部作成されます。
役所が建築申請書を確認した後に、確認済証として副本が返却されますが、建物が施主様に引き渡されまでは、住宅建築会社が保管します。

矢印

地鎮祭・配置確認

無事に家が完成することを願い、お日柄の良い日を選んで地鎮祭を行います。
工事の騒音や振動が起こることをお知らせするために、タオルなどの粗品を用意して、ご近所に挨拶回りをします。
建物の高さ・配置の最終確認を行います。

現金が必要なPOINT②

矢印

着工

基礎
基礎工事がスタート!火災保険の手配をします。
また外構(庭・駐車場・ポストなど) の打ち合わせ、家具や照明、カーテン、 家電製品などをこの頃から選んでおくと良いでしょう。

引越し業者には見積もりを出してもらいます。
お引越しの準備もこの頃から始めましょう。
 
矢印

棟上げ
d0015992d11a199e84ecc5b702651343
棟上げとは、柱を建てた後に棟木を納めること、またはそのときに行う儀式をいいます。
棟上げが完了すれば屋根の工事が始まります。

棟上げ式では施主様が建築関係の方々にご挨拶をします。
また、餅まきをする場合は棟上げ式の数日前に、 ご近所の方にお知らを兼ねた挨拶回りをします。
現金が必要なPOINT③

矢印

竣工検査・住宅ローン契約

工事がほぼ完成したら、まず施工会社、工事責任者が設計図通りにできているか、 ガスや電気、水道がきちんと使えるか、空調設備が正しく作動するかを確認します。
その後、施主様も確認を行います。この検査時に不具合が発見されたら、手直しされます。
ローン交付・登記・税、諸費用の手続きを行います。

矢印

お引越し

新居の鍵が渡されます。
住宅設備機器の説明や、取扱書や保証書が発行されます。
住宅メーカーの定期点検がいつ行われるかを確認し、メンテナンスは必ず行いましょう。
ロイヤルホームでは、入居後1年目は3ケ月、6ケ月、1年目に定期点検を行います。
それ以外にもお住まいについてのご相談などがごさいましたら、いつでもご連絡ください。

現金が必要なPOINT④

矢印
ご入居